貸切バスを利用したい方におすすめしたいチェックポイント

料金関係を確認する必要があります。

貸切バスを利用する際にはいくつかチェックポイントがありますが、一番確認しておかないといけないのは貸切にかかる料金です。一般的には大型バスほどレンタルの値段が高く、小型のマイクロバスでは安くなります。バスガイドが付くと1日につき5万円程度の費用が追加でかかります。貸切バスを運行している会社では、インターネット上に公式サイトを開設している場合があり、事前にそちらやバス会社の窓口などで費用や支払い期日などを確認しておく必要があります。中には早期にレンタルすると割引制度を設けている会社もあるので、そのようなサービスがあるかないかもインターネットの公式サイトやなどで、事前によく調べておく必要があります。

設備もよく確認しましょう

バス旅行を行う上でバスに常備されている設備も確認しておく必要があります。バスの中にトイレが設置されていたら、わざわざトイレ休憩を取らなくても良くなります。さらにテレビやカラオケの設備があると、バスの走行時間が長い場合でも暇を持て余す事はないです。サービスが良いバス会社だと映画や有料の映画などを見る設備を設置してあったりインターネットができるようにWi-Fiの環境が整備されている場合もあります。バス会社の公式サイトには料金以外にも、このような料金以外のサービスについての情報もかなり豊富に記載されているので、このようなサービスに関する情報も公式サイトなどを通じてよく確認しておくと楽しいバス旅行になります。

マイクロバスの場合、乗用車と比べて乗車定員が多いという特徴があり、まとまった人数での移動に大変役立ちます。